2018/06/27 13:24

 

皆さんこんにちは!アドベリー(ボイセンベリー)の福月です。

今回ご紹介するのは私たちが自信をもっておすすめする

今が旬(収穫時期:6月中旬~7月上旬)の「生アドベリー(冷凍)」をご紹介します。

 

 

 

2014年ごろからブームとなり今ではすっかりおなじみなってきたスムージー。

 

グリーンスムージーやダイエットスムージーなど健康やダイエットのために多くの方々に親しまれており、

インターネットを検索するとグリーンスムージーの作り方やダイエットスムージーの作り方、

ベリースムージーの作り方などにたくさんのレシピが掲載されています。

 

私たちが丁寧に育てているアドベリーは、スムージーをおいしくすることはもちろん、

影響下も豊富でダイエットスムージーやグリーンスムージーの栄養素追加や味を良くするのにおすすめです。

 

 

アドベリーってどんなベリー?

 

「アドベリー」とはボイセンベリーという日本ではほとんど栽培されていない果実を

滋賀県高島市産安曇川の特産品とするため、地元の人たちが苦労して栽培を開始したベリーで、

ブラッドベリーやローガンベリーによく似たベリーです。

 

私たちはこの丁寧に育てたボイセンベリーを多くの方に親しんでいただきたいという思いから

愛称として「アドベリー」と命名させてもらいました。


私たちが育てる「アドベリー」の生果実の大きさは約10g前後で、

葡萄茶色(やや紫を帯びた暗い赤色味)をしており、酸味と爽やかな甘さが特徴です。

ベリーの中でも栄養価が高く、ヨーロッパでは大変知名度も高く

「ベリーの宝石箱」や 「ミラクルベリー」といわれるほどで食卓に欠かせない果実です。

 

 

 

アドベリーは栄養素が豊富なベリーです

 

生果実は日持ちがし難く1~2日で傷んでしまうのと生産量が限られているため、

市場に出回ることはほとんどありませんが、その栄養価の高さから、

サプリメントとしてたくさんの商品が作られ販売されています。

 

「アドベリー」の生果実にはアントシアニン、フェノリックス、

葉酸を豊富に含んでいます。

 

1.アントシアニン
①糖尿病過酸化の抑制
②肝臓の機能を整える働き
③体内の細胞を活性化させる抗酸化機能
④視力機能改善作用


2.フェノリックス
①更年期障害改善
②抗酸化作用


3.葉酸
①核酸・アミノ酸の代謝に必要
②抗貧血性、血球均衡保つのに必要
③細胞や組織の代謝に必要

 

※アドベリー生産協議会ホームページより

 

 

 

 

アドベリーを使ったスムージーで健康で美しい生活を。

もちろんケーキやパン、お菓子などに使うのもおすすめです。

 

他にもお菓子やジャムなどもご用意しておりますので

是非ご覧になって下さいね♪